ホーム > 注目 > 芝生のお手入れに欠かせない芝刈り機の選び方

芝生のお手入れに欠かせない芝刈り機の選び方

動力の違いは使用する敷地の広さで選択しましょう。手動式の芝刈り機は人間が押すことで刃を回転させて芝生を刈るタイプでほとんどのものが円筒型でらせん状の刃がついたリール式と呼ばれる計上になっています。

芝刈り機は動力の種類が「手動」「電動」「エンジン式」の3種類に分かれます。ロータリーのほうは回転する刃がついており、その刃で芝を刈るので切り口が粗くなってしまいますが、高く伸びてしまった芝や雑草が混じっているような場所ではこちらのほうが使いやすいです。

狭く入り組んだお庭でない場合は30cm~40cmくらいまでのものが使いやすくおすすめです。刈り幅の違いで作業効率が変わってきます。

芝生のメンテナンスに欠かせない芝刈り機ですが、電動や手動、エンジン式など種類がたくさんあり、どれを選んだら良いのか分からない方も覆いのではないでしょうか。地面いっぱいに広がる芝生があるお庭、素敵ですが、お手入れを怠ると葉が伸びて、見た目が悪くなってしまいます。

刈り刃の形はロータリー式とリール式の2種類に分けられます。手動式では5~10坪くらいの広さの敷地に適しており一番度応力の大きいエンジン式は100坪を超える広い敷地で使われていることが多いです。

家庭向けの製品だと大体20cm~30cmのものが多いですが、刈り幅が狭いと一度に刈れる範囲が狭いので作業効率が悪くなってしまいます。芝刈り機の種類と選び方を知って美しい芝生を保つようにしましょう。

はさみで刈っていくような感じになるので切り口はきれいで芝生の高さも均等にそろい美しい仕上がりになります。一言で芝刈り機といっても動力や刃の形でたくさんの種類に分かれていて、使用する敷地によって使いやすいものが変わってきます。

リール式のほうは回転刃と受け刃のかみ合わせによって芝を刈ります。逆に幅が広いものは芝刈り機を押すときの力が大きくなってしまいます。

芝刈り機の刈り幅にも注意して選ばなければなりません。